個別指導塾の教材はレベルに影響するか

生徒が教材を選ぶ個別指導塾

個別指導塾は集団指導塾のように学力毎のクラス分けはなく、塾の中には指定の教材を使わないところも多いです。どんな教材を使って勉強するかですが、各生徒が勉強したい教科の教材を持ってきてそれを元に勉強を進めていきます。つまりはそれぞれの生徒が持ってくる教材によって勉強のレベルが変わります。ただ生徒が持ってくる教材は学校の教科書であったり書店で売られている市販の参考書や問題集になり、あまりレベルの高いものは用意できません。おのずと指導レベルもそれほど高いものを期待できないでしょう。生徒が教材を選ぶ個別指導塾の中には塾側が選び方の支援をしてくれるところがあります。こちらだとすべてを生徒に任せるところよりはレベルの高い授業が受けられるでしょう。

志望校に合わせた教材がある個別指導塾

難関校への進学を目指すにはレベルの高い勉強をしなければならず、個別指導塾を選ぶときにも難関校受験に対応したところを選ぶ必要があります。個別指導塾はそれぞれの生徒のレベルに合わせた指導をしてくれますが、難関校に対応するところでは志望校別の教材を用意しています。難関校の入学試験で実際に出題された問題が掲載されていてさらに過去の指導実績も考慮されており、より高いレベルの授業が受けられるでしょう。生徒が自分で選ぶ教材だと志望校に合わせたものが少なく、学力アップはできても肝心の志望校合格ができない可能性もあります。一方志望校別の教材を用意してくれるところだと学力アップだけでなく志望校対策もしてもらえるので、より志望校への合格がしやすくなるでしょう。