オーダーメイドの個別指導塾の授業

個別指導塾の授業とは

何人かの生徒に対して講師が1人で教えるタイプの塾は、集団指導塾といわれます。個別指導塾とは、生徒1人に対して講師が個別に授業を教えるタイプの学習塾のことを言います。個別指導塾では、生徒に対して個別に授業が行われるので、生徒が理解できない箇所については分かるまで何度も教えます。受験に向けた個別指導の授業では、最新の入試傾向を考え、子どもの学習目的や学力、習い事との両立、性格などと照らし合わせ、その子どもに合った効果的なカリキュラムで指導していきます。高校生向きの個別指導塾では、他塾や予備校のテキスト内容に合わせた指導を行うところもあります。塾によっては、生徒2人に対して先生が1人のスタイルで行う個別指導塾も存在します。

個別指導塾の授業のメリットとは

個別指導塾で受ける授業の利点は、まず、子どものペースに合わせて授業が行われることです。集団で授業を行う集団指導塾では、成績に即したクラス分けをしますが、全教科の成績で分けるので苦手科目がある場合には授業についていくのが大変です。個別指導塾では、得意科目も苦手科目も個人に合ったペースで進められます。次に、受けたい授業の科目を自由に決められます。例えば得意科目は自分で勉強できるので、苦手科目だけを教えて欲しい場合など融通がきくのです。さらに、休んだ時に授業が先に進んでしまう心配がいらなかったり、講師に質問しやすいということが挙げられます。集団指導塾だと授業を休んでしまうとその分遅れてしまいますが、個別指導塾では個別に対応しているので、習い事や部活動などとの両立が可能です。