カリキュラム準拠の個別指導塾の授業

個別指導塾の授業方式

個別指導塾とは、生徒1人に対して1人の講師が個別に授業を行う型式の塾のことです。1人の講師が複数の生徒に対して授業を行う集団指導塾と対比され、生徒1人1人の能力や意欲に応じた指導が可能になるため評価されていると言えるでしょう。個別指導塾の学費は集団指導塾よりやや高めですが、生徒や保護者には一定の人気があるのです。講師は他の生徒を気にすることなく、個々の生徒に合った学習の内容や進度を選んで、成績を上げる工夫ができます。授業時間中1人の講師が1人の生徒について指導する場合もあれば、1人の講師が同一授業時間内に複数の生徒を個別に指導する塾もあります。個別指導を行う上では、どんなカリキュラムに沿った授業を行うかが重要なポイントになるでしょう。

個別指導塾が準拠するカリキュラム

個別指導塾の授業は、生徒の所属する学校のカリキュラムに合わせて補習や予習を行う場合や、生徒個人の進路に合わせたオリジナルのカリキュラムを塾が作成して、学校の進度とは別に進めていくケースもあります。学校のカリキュラムに合わせた指導を行う場合には、個々の生徒の学校の進度状況を把握し、それに合わせて塾の授業を進めなければなりません。学校の授業でわからないことを直ちにフォローできるうえ、定期テスト対策など通信簿の成績を上げる点では効果的だと言えるでしょう。塾独自のカリキュラムに沿った授業は、志望校の合格という目標に合わせた効率的な指導が可能になります。このように、塾に通う目的によって、準拠するカリキュラムを選択して生徒の要望にかなうような指導を行っているのです。